2009年08月21日

目覚める度に奇跡が起きる

今週初めから体が怠い。
更に朝のシャワーの後に出てくる汗の量が
妙に気になっていた。


僕は幸運にも風邪などでも寝込むことは
無かったので、病気に関しては全く無知な
状態でした。


そんな僕に異変が訪れたのは19日の早朝。


5時過ぎに目が覚めて、余りにも喉が渇いたから
冷やした水を飲んでみると…


あれ?
何かが喉に引っかかったぞ…


風邪でもひいたのかなぁ〜
と思ってバレンシアオレンジを2つ食べて
風邪薬を飲んで事務所へ向かった。


この日もスケジュールがいっぱいだったから
怠いなんて言ってられず、予定通りに仕事を消化。


そして翌る日の朝5時。
今度はあきらかに病気であるという症状が出た。
水を飲もうと思っても水が飲めない。
喉に異物があってゴクゴクと飲めないのだ。
しかも経験したことの無い喉の痛み。
迷わず病院へ直行。


田舎暮らしをすると病気になったときに困ると
思っている方が多いと思うが、僕が住んでいる
印南町なら車で15分の場所に大きな病院がある。
だから田舎へ引っ越してきたからと言って
病院で困ることは無い。


早速診察を受けると…
熱が出ているからインフルエンザだと思ったけども
貴方は違う。
扁桃腺がもの凄く腫れているぞ!
すぐに入院して治療をした方がいい!


いやぁ〜参りました。
診察結果は扁桃腺が腫れて入院だと。
もちろん、僕は入院などせず薬をもらって
自宅で療養しています。


正直いって独り者だとこういう時に困るね。
ご飯が食べられないからお粥を自分で作って
少し寝れば汗でビチョビチョになるから
洗濯と着替えをして。


そうそう、本題の「目覚める度に奇跡が起こる」だけど
実は日頃は見ないテレビだけど、気を紛らわすために
食事の時だけ高校野球を見ていました。


何事にも全力でぶつかるという姿勢が気持ちよくて
ツイツイ薬を飲んですぐに寝るつもりが中継を見ていた。
そして、寝て起きる度に奇跡が起きていたのである。


昨日は大分の明豊が延長戦で逆転勝ち。
野手が投手として出てきたと思ったら150qの快速球を
投げたので興味が出てしまった。


そして今日はその名豊と戦った花巻東。
8回裏に2点を取られ逆転。
あぁ、これで終わりかぁ…
と思って僕は寝てしまったのだが、さっき目覚めて
結果を見たら延長10回に花巻東が1点を追加して
逆転しているではないか(涙)


この花巻東が初戦でも投手が走塁時に野手とぶつかり
苦しい状態でのマウンドを乗り切り逆転勝ちしているのだ。


それがあのムードの中で今日も逆転勝ちしていたのだ。


僕は発熱していてフラフラの状態だけど、その結果を見て
思わず元気になってしまったよ。


最後まであきらめるな!
僕も武道をやっていた頃、恩師に良くそう言われたなぁ〜
と昔のことを思いだしてしまった。


戦っている球児達にしてみれば、逆転は奇跡ではなくて
当たり前のことなんだけど、布団の中で汗まみれになって
いる僕にしてみれば、立派な奇跡だったのです。


この調子ならば、明日には僕も仕事に戻れそうだな。
勇気とやる気をくれてありがとう!

 
posted by MAKI at 15:41| Comment(0) | 田舎暮らし日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。