2009年08月11日

台風9号の海といつもの海

大阪から印南町へ引っ越してきて初めて台風がやってきました。

僕が海辺で田舎暮らしをする以上、今後避けることの出来ない
台風だからこそ、台風の怖さと対策を自分なりに知る必要が
ありました。

だから少々の危険は覚悟の上で河川や海岸へ出向いてきました。



この動画は、12時過ぎに海岸へ出向いて撮影をしたものです。
豪雨と波が磯に当たって波飛沫が飛んでいる事がわかると思い
ます。これが台風9号のうねりです。

そして、もう一つの動画が今日の海です。



青い空に青い海。
僕が印南町を大好きになったのは、まさにこの景色です。

今回の台風9号は、和歌山県に上陸する事はなかったので
本当の台風の恐ろしさを体験する事が出来ませんでした。

しかし「塩害」というものは、直接的に車やクーラーの
室外機に波がかかるために発生する物ではなくて
僕が今回撮影した波飛沫が飛散して車やクーラーの室外機
を襲うのだということを知りました。

今後、住宅を建築する際には、風向きと住宅の配置を
考慮しなくてはいけないのだと学んだ1日でした。

posted by MAKI at 16:19| Comment(0) | 田舎暮らし日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。