2009年08月21日

目覚める度に奇跡が起きる

今週初めから体が怠い。
更に朝のシャワーの後に出てくる汗の量が
妙に気になっていた。


僕は幸運にも風邪などでも寝込むことは
無かったので、病気に関しては全く無知な
状態でした。


そんな僕に異変が訪れたのは19日の早朝。


5時過ぎに目が覚めて、余りにも喉が渇いたから
冷やした水を飲んでみると…


あれ?
何かが喉に引っかかったぞ…


風邪でもひいたのかなぁ〜
と思ってバレンシアオレンジを2つ食べて
風邪薬を飲んで事務所へ向かった。


この日もスケジュールがいっぱいだったから
怠いなんて言ってられず、予定通りに仕事を消化。


そして翌る日の朝5時。
今度はあきらかに病気であるという症状が出た。
水を飲もうと思っても水が飲めない。
喉に異物があってゴクゴクと飲めないのだ。
しかも経験したことの無い喉の痛み。
迷わず病院へ直行。


田舎暮らしをすると病気になったときに困ると
思っている方が多いと思うが、僕が住んでいる
印南町なら車で15分の場所に大きな病院がある。
だから田舎へ引っ越してきたからと言って
病院で困ることは無い。


早速診察を受けると…
熱が出ているからインフルエンザだと思ったけども
貴方は違う。
扁桃腺がもの凄く腫れているぞ!
すぐに入院して治療をした方がいい!


いやぁ〜参りました。
診察結果は扁桃腺が腫れて入院だと。
もちろん、僕は入院などせず薬をもらって
自宅で療養しています。


正直いって独り者だとこういう時に困るね。
ご飯が食べられないからお粥を自分で作って
少し寝れば汗でビチョビチョになるから
洗濯と着替えをして。


そうそう、本題の「目覚める度に奇跡が起こる」だけど
実は日頃は見ないテレビだけど、気を紛らわすために
食事の時だけ高校野球を見ていました。


何事にも全力でぶつかるという姿勢が気持ちよくて
ツイツイ薬を飲んですぐに寝るつもりが中継を見ていた。
そして、寝て起きる度に奇跡が起きていたのである。


昨日は大分の明豊が延長戦で逆転勝ち。
野手が投手として出てきたと思ったら150qの快速球を
投げたので興味が出てしまった。


そして今日はその名豊と戦った花巻東。
8回裏に2点を取られ逆転。
あぁ、これで終わりかぁ…
と思って僕は寝てしまったのだが、さっき目覚めて
結果を見たら延長10回に花巻東が1点を追加して
逆転しているではないか(涙)


この花巻東が初戦でも投手が走塁時に野手とぶつかり
苦しい状態でのマウンドを乗り切り逆転勝ちしているのだ。


それがあのムードの中で今日も逆転勝ちしていたのだ。


僕は発熱していてフラフラの状態だけど、その結果を見て
思わず元気になってしまったよ。


最後まであきらめるな!
僕も武道をやっていた頃、恩師に良くそう言われたなぁ〜
と昔のことを思いだしてしまった。


戦っている球児達にしてみれば、逆転は奇跡ではなくて
当たり前のことなんだけど、布団の中で汗まみれになって
いる僕にしてみれば、立派な奇跡だったのです。


この調子ならば、明日には僕も仕事に戻れそうだな。
勇気とやる気をくれてありがとう!

 
posted by MAKI at 15:41| Comment(0) | 田舎暮らし日記

2009年08月12日

田舎暮らしは楽しいよ! 田辺市の花火大会

印南町から白浜方面へ国道42号線を南下すると
田辺市という街があります。

その田辺市で花火大会があったので印南町の地元の方と
見学に行ってきました。



僕は大阪で生まれ育ったので花火といえば
淀川にPLと大きな花火大会があるから
ちょっとした花火大会なら感動もしません。

しかし印南町で生まれ育って、印南町以外の街で
暮らしていない人は少し様子が違います。

今日は11時過ぎにご一緒したおじさんから電話が入り
19時に出発してご飯を食べてから花火を見るから!
とスケジュール(笑)を告げられました。

朝から張り切ってビデオの試し撮りをしたり
みんなが乗る車を掃除したり、クーラーボックスに
氷を入れて自分は飲まないビールまでも準備してくれました。

田舎に住むとこのような生活の違いを感じる場面がよく
あります。

ただ何れも人に迷惑をかけるようなことではなく
逆に人のために一生懸命になってくれるのです。

こういうところが田舎暮らしをして良かった!
と僕が思う場面です。

posted by MAKI at 21:40| Comment(0) | 田舎暮らし日記

2009年08月11日

台風9号の海といつもの海

大阪から印南町へ引っ越してきて初めて台風がやってきました。

僕が海辺で田舎暮らしをする以上、今後避けることの出来ない
台風だからこそ、台風の怖さと対策を自分なりに知る必要が
ありました。

だから少々の危険は覚悟の上で河川や海岸へ出向いてきました。



この動画は、12時過ぎに海岸へ出向いて撮影をしたものです。
豪雨と波が磯に当たって波飛沫が飛んでいる事がわかると思い
ます。これが台風9号のうねりです。

そして、もう一つの動画が今日の海です。



青い空に青い海。
僕が印南町を大好きになったのは、まさにこの景色です。

今回の台風9号は、和歌山県に上陸する事はなかったので
本当の台風の恐ろしさを体験する事が出来ませんでした。

しかし「塩害」というものは、直接的に車やクーラーの
室外機に波がかかるために発生する物ではなくて
僕が今回撮影した波飛沫が飛散して車やクーラーの室外機
を襲うのだということを知りました。

今後、住宅を建築する際には、風向きと住宅の配置を
考慮しなくてはいけないのだと学んだ1日でした。

posted by MAKI at 16:19| Comment(0) | 田舎暮らし日記

2009年08月01日

土用の丑に釣ったウナギを食べる

土用の丑に釣ったウナギを食べよう!
と勝手な企画をして連日連夜ウナギ釣りに出向くも
思ったように釣果はあがらず、結果ウナギを食べる
事はできなかった。

しかしウナギは釣れるのである。
ただ、そのウナギが小さすぎて蒲焼きにすることが
困難なのである。

話は変わるが
現在、自宅に設置した風呂釜のウナギ水槽には
約12匹のウナギがいる。

このウナギ達に色んなエサを与えて、どのように捕食
するのかを私なりに研究してみた。

まず印南のウナギ釣りのエサと言えばミミズ。
この大きなミミズを水槽に入れるとどうなるのか…

どうなると思いますか?

うちの水槽には大小のウナギが入っていますが
一番最初に食べに来るのは…

一番小さなウナギなのです。

長さでいえば自分の体の半分ぐらいはある
大きなミミズを一気に飲み込んでしまいます。

逆に大きなウナギは、エサを与えても食べません。
その代わりハエなどの小魚を水槽に入れておくと
辺りが静まりかえった22時頃にヒューム管から
出てきてパクッと15センチぐらいあるハエを食べて
しまいます。

但し、ハエの頭部分は食べません。
骨ごと食べるのになぜか頭だけは食べません。

だから私のウナギ釣りは、小さなハエをエサにした
ノマセ釣りで大ウナギを狙う竿とミミズエサで
小物を狙う竿の2本を出しています。

そしてその結果、ミミズエサに食いつく小さなウナギ
だけが釣れたという事なのです。

ハエをエサにしたノマセ釣りには、今の所、ナマジー
しかヒットがありません。
その代わりナマジーは良く釣れますよ(笑)

大型のウナギを釣る場合、まず水が濁っていないと
ダメですね。

だから降雨の翌日がチャンスなのですが、実は水が
濁っていても水量自体が増水していて流れが速く
今度は釣りにならない事が多いのです。

更にゴミが多い。

ゴミといっても都会のようにゴミ袋が流れてくる
なんて事はありません。
大半は草や木の枝です。

何度も大物がヒットした!と勘違いをしたことが
あります。

そんなこんなで、天然ウナギの蒲焼きサイズを
釣ることは出来ませんでした。

この話を地元の方に話していたら、ウナギは秋口が
一番釣れる!といってました。
まぁ、夏の間は日中の釣りがツライから、条件が
整えばウナギを狙いたいと思います。

僕が印南へ来て釣ったウナギの記録は
最大84センチ。
デカイよ!

印南の天然ウナギ


こんな天然ウナギが生息しているんだから
やっぱりウナギ釣りはやめられないわ。
posted by MAKI at 17:25| Comment(0) | 南紀釣り情報